キャリアアップのための医師転職をはじめよう

僻地の医師募集と医師求人

近年では、医者の人数が医療に対して必要とされる人数にくらべてと比較して少ない、いわゆる医師不足と呼ばれる状態が続いているようだ。

特に田舎や離島、またはお年寄りが多い地域などではより深刻な問題となっている。

現在、全国のあらゆる病院で医師募集が行われている。

医師不足が続くと、診療科や病院の閉鎖に追い込まれる事さえあるだろう。しかし、医師不足なのは都会でも発生しているようである。

小児科や産婦人科、救急などは非常に激務となる事もあるため、病院が医師募集、医師求人を行っていても、志望する医学生が多くないという点も影響しているようだ。

早期に解決する必要のある問題だといえるだろう。

人材会社の医師求人について

人材会社の活用方法をきちんと理解することによって、短期間のうちに色々なタイプの医師求人の特徴を把握することができます。

とりわけ、メリットの多い医師求人のほとんどは、大手の病院やクリニックが募集することがあるため、常日ごろから便利な情報をキャッチすることが良いでしょう。

医師求人の選び方について迷っていることがある場合には、キャリアカウンセラーなどのスタッフに相談をすることが有効です。その他、人材会社のサービスの良しあしを見極めるうえで、まずは色々な成功体験談をチェックすることがコツとして挙げられます。

小児科の医師求人に必要な資格

小児科の医師求人には通常の医師免許があれば応募できますが、専門医の上級資格を持っていると更に有利になります。専門医の資格を取得するためには、まず公益社団法人である日本小児科学会の会員となり専門医になるための必要な研修を受け、専門医試験の受験資格を得ることが必要です。

筆記試験と症例要約評価の他に面接試験および審査を受け、試験に合格すると専門医の上級資格を取得できます。通常の医師免許と違い、取得後も5年ごとに審査を受けて更新をする必要がありますが医師求人において信頼度が増しますのでメリットの大きな資格です。

産婦人科の医師求人に必要な資格

少子化であっても、産婦人科の医師求人は日々、需要が多く求められてきています。大病院だけでなく、地方の病院やクリニックでも需要は多く、今後とも求められる求人といえます。

この医師求人に応募するために必要な資格は産婦人科専門医です。学会が指定する医院で臨床を研修し、その学会が行っている専門認定試験に合格する必要があります。臨床の研修はとても多く、いかに多くの研修を積めるかが重要となってきます。そのため、医師求人に応募する前に、多くの臨床を経験できる医院で経験を積むことがとても重要です。また、学会や研修会に参加することも大切です。

医師求人を探す際に難航してしまったら

近年においては、さまざまな医療機関における医師求人が、見られること多くなりました。

特にインターネット上では、医療に特化した医師求人のサイトが増え、多くの診療科の募集を見かける様になりました。希望する診療科によって、条件が大きく異なりますが、現在医師の市場においては、売り手市場だと言われています。

自分のキャリアや譲れない条件などをもとに医師求人を探していきますが、求人を探す際に難航してしまう様であれば、医療機関を専門としたエージェンシーや、コンサルタントに依頼するべきです。彼らは最良の求人先を探し出してくれることでしょう。

関東における医師求人について

医師求人を探していく場合には、はじめに自分がどのあたりで働くか、希望の地域を考える必要があります。そのなかでも関東地方最大の特徴は、人口が非常に多いことが挙げられます。

関東には日本の人口における約3割が集中しているとされていて、人口に対しての医師の数が足りていないとされています。街によって、人口の差もあり医師の数も差があることが挙げられます。どのような医療機関に勤めたいかは、医師によって変わってきますので、それぞれのライフスタイルや、希望とするキャリアなどに応じて医師求人を探していくことが重要となります。

医師求人・募集・非常勤に関する記事

サイト集一覧

リンク集一覧