キャリアアップのための医師転職をはじめよう

リンク集一覧3

上手にキャリアの中に医師アルバイトとしての非常勤勤務を取り入れる

できる事なら一つの医療機関の中で、正社員としてずっと安定して仕事がしたいと考えている医師は多いでしょう。結婚して家庭を持っている人であれば、なおさら安定を求めている事でしょう。

しかし、正社員としてずっと同じ病院で働くという事は、それ以外の医療機関での勤務というのを経験する事ができません。

他の現場を経験した事がなく不安に感じているのであれば、空いた時間を見つけて医師アルバイトとしての非常勤勤務を取り入れる事で、いろんな現場を知る事ができるでしょう。

上手にキャリアの中に医師アルバイトとして非常勤の仕事をすれば、同僚よりも更にいろんな経験が得られる事でしょう。成長したいという人におすすめです。

ダブルワークとして非常勤の医師アルバイトをする

ずっと一つの医療機関に勤務する人も多いと思いますが、中にはダブルワークを行っている人もいます。

最近になってこのダブルワークという言葉をよく聞く様になりました。医療の仕事をしている人であっても、フルタイムではなくて非常勤のお仕事で医師アルバイトとして働くのであれば、2つ以上のお仕事を掛け持ちして働く事もできます。

非常勤として複数の職場で医師アルバイトをすると、いろんな医療現場を経験する事ができるという点などにおいていい事もあります。

安定性においては欠けてしまう事もありますが、将来的にフルタイムとして働く事を目指している人でもまずパートタイムからチャレンジするといいかもしれません。

救命救急の医師アルバイトをする場合

医師といっても潤沢な収入を得ているわけではありません。特に医師の卵である新人の医師は、過酷な労働条件の中でいくら仕事をしても満足できる収入を得られないのです。ですから、少しでも時間がある時にアルバイト収入を得たいと考えています。

医師アルバイトで重要かつ、医師としての勉強になるのは救命救急の仕事をすることではないでしょうか。救急車で搬入された患者に対して適切な医療行為をしなければならないからです。経験がなければできない仕事かもしれませんが、医師アルバイトとしては、責任を問われる分、収入が高いので週末や夜間にアルバイトをしている医師も多いはずです。

外科の医師アルバイトの倍率について

日本は世界の中でも医療制度が整っている医療先進国と言うことができ、誰でも必要な時に適切な治療を受けることができます。一般の人のそうした期待に対応するべく、病院側も受け入れ態勢を万全にする対策をとっています。その中のひとつが、医師バイトの採用です。

多くの医師が人の命と健康に対する使命感を持って診察や治療にあたっていますが、医師個人にも体力の限界やプライベートな都合があります。また仕事の質の向上ということで、学会などの出席といった診察以外の業務も多くあります。そのようなやむを得ない状況で生じる医師不在の期間を無くすために、バイトでスポット的に勤務を行う医師の存在は、病院側にとって重要な存在です。

診療科目で重要度の高低はありませんが、必要とされる急患が生じやすいのは、事故やケガの緊急治療が必要な外科になります。実際に厚生省の必要医師の実態調査などを見ると、医師の求人倍率は全国平均で1.14倍になっています。ですので外科で医師アルバイトを探す場合は、単なる就職先を見つけるだけではなく、働きやすい環境かどうかも考慮に入れたいものです。そうした点で助けになるのは医師の就職をサポートするエージェントです。担当コーディネーターと働き方について話し合うことができます。

精神科の非常勤医師アルバイトの給与

精神科の非常勤医師アルバイトの給与ですが精神保健福祉指定医をもっているかどうかでかなり違ってきます。精神保健福祉指定医を所持しているのと1日の給与が50000円程度で、所持していない場合だと半分の25000円程度まで下がります。

夜勤を行う精神科の非常勤医師アルバイトの場合には精神保健福祉指定医を所持していると100000円程度で、所持していないと50000円程度まで下がります。精神保健福祉指定医を取得していると措置入院や医療保護入院などの強制入院を出来ます。その代わりに、県の担当課に定期病状報告が必要になります。

また患者は県の担当課に退院請求をすることが認められているので、患者が退院請求をすると県の担当課が調査にきます。精神科の非常勤医師アルバイトでも精神保健福祉指定医を所持していればこのような県の調査には全面的に協力する必要があります。そのような意味から精神保健福祉指定医を所持しているのと、そうでない場合を比べると給与がかなり違います。

メンタル関係の医師も学会があります。学会に参加する事でスキルを上げていくのですが、学会に参加するための費用は基本的には医療法人が捻出するので、医師個人が学会のために費用を捻出する必要は全くありません。

医師求人・募集・非常勤に関する記事

サイト集一覧

リンク集一覧