キャリアアップのための医師転職をはじめよう

リンク集一覧4

医師転職できないお仕事

医師免許でできる仕事もあれば、中にはできない仕事も中にはあります。

まず医師免許と歯科医師免許は異なる資格になります。ですので、そのままの資格では途中で歯科医に医師転職します、という事はできません。

他にも適切な医薬品を患者に処方するのが仕事である薬剤師という仕事もありますが、これも異なる資格となってしまいますので、医師転職はできません。
別途、薬剤師の資格を取得する必要があります。

また、人間ではなく動物に対して医療を行う獣医の仕事もありますが、これも違った国家試験が必要です。業務の中で、部分的に似ている仕事もあるかもしれませんが、できる仕事というのは法律の中で決められています。

売り手市場の医師転職のポイント

医師転職は、一般企業とは異なり売り手市場です。

そのため、圧倒的に転職が容易なのですがポイントを抑えずに医師転職を行ってしまった場合、思いがけないトラブルや悩みを抱え込む恐れがあります。そこで、予め目星を付けている病院について情報収集する事が大切です。

具体的には、自分が望んでいる働き方ができる職場であるのかという点に目を向けてみるべきでしょう。実は病院というのは、各々で勤務する時間や日数が大きく異なります。そのため、医師転職したものの以前の病院よりも勤務するための拘束時間が長くなってしまう恐れが高いです。

医師転職とピラミッド型の構造

ピラミッド型の構造の医療機関は、現在においても多くあることが分かっており、本格的に医師転職やスキルアップを目指すにあたり、各地の病院やクリニックの取り組みをきちんと理解することがとてもおすすめです。

現在のところ、医師転職のメリットやデメリットについて興味を示す人が少なくありませんが、将来的なリスクに対処をするうえで、就職説明会などのチャンスを見逃さないことが大事です。

そして、おすすめの求人の選び方についてわからないことがある場合には、既に転職活動を成功させた人のアドバイスを上手く聞き入れることが良いでしょう。

産婦人科の医師転職に必要なスキルとは

産婦人科の医師転職で必要なスキルですが、超音波の技術が必要となります。産婦人科では超音波をよく利用しており、特に妊婦健診では超音波を利用して赤ちゃんの状態を確認します。そのため正確な超音波の技術が必要になります。

超音波の技術を向上させるには日本産科婦人科学会が主催する研修会に参加して、超音波の技術を磨く必要があります。また超音波が得意な医師に弟子入りして技術を磨く事でもスキルが向上します。こちらの診療科に医師転職する場合にはこのような手段で超音波のスキルをあげておいたほうが確実に有利になります。

医師転職のための求人情報を集めるには

ほとんどの医師求人については、医療業界に特化された求人サイトなどに掲載されており、求人内容を検索したい方にとっては、場所や時間を選ばず、気軽に閲覧したり利用したりすることができます。

求人内容の掲載だけに留まらず、求職活動や医師転職活動のための様々なサポート業務やバックアップ体制が整えられているため、新しい仕事を探そうとしている医師の方などに充実したサービス提供が行われるよう、あらゆる工夫が行われています。

不安や疑問点を一つずつ解消しながら求職活動や医師転職活動を行うことができるため、よりスムーズな仕事探しが実現できます。

医師転職に関する記事

サイト集一覧

リンク集一覧