キャリアアップのための医師転職をはじめよう

リンク集一覧5

外来を担当する非常勤で活躍する医師アルバイト

非常勤で活躍する医師アルバイトはたくさんいます。病院の中では常駐していない医師アルバイトは当直や病棟管理などの仕事を行う事もあるみたいですね。

しかし、中には非常勤で活躍する医師アルバイトでも、外来を担当している医師もいます。

入院できる設備がないクリニックとか病院においては、人手不足の時にはアルバイトの医師を採用して、仕事をこなせる様にしている所もあるみたいです。アルバイトと言っても仕事内容はいろんなものがあります。

働きやすい環境であるかどうかという事だけに注目して選ぶばかりでなく、仕事の内容でお仕事を決定する事もできるのではないでしょうか。憧れの仕事を見つけるチャンスです。

スキルアップをアルバイトで目指す医師

今の職場では自分が身に付けたいと思う技術を十分に学ぶ事ができないという人や、もしくはその様な環境が整っていないという場合には、別の職場でアルバイトをして技術を磨くという事も一部の医師にとっては可能でしょう。

もちろん、フルタイムで仕事をしている医師は忙しいのでそんな時間すらないという場合も多い様ですが、週3日や4日程度で勤務している医師であれば、残りの時間を使ってアルバイトをする事で、技術を補っていく事ができるかもしれませんね。

フルタイムで働く人の場合には、アルバイトは環境を考慮すると厳しいかと思いますので、技術アップを求める場合に転職する事を選ぶ人もいます。

血液内科の医師アルバイトについて

血液内科の医師アルバイトは他の診療科と比べて待遇が良いです。血液内科の病気は血液のがんと言われる白血病など難易度が高い疾患が対象となります。そのためかなり専門知識が必要です。中には急変する場合もあり、急に呼び出される時もあります。そのため自宅待機の手当が支給される場合もあります。

血液に関する内科の医師アルバイトでも学会に参加する場合があります。学会に参加する際に必要となるホテル代や交通費も医療法人が捻出します。医療法人によっては食費などの雑費まで捻出してもらえる場合もあるのでお金には困りません。

産婦人科の医師アルバイトの倍率について

医師がアルバイトをすると言うと世間一般的には不思議な話で、バイトの医師に診察して欲しくないと考える方も多くいるでしょう。しかし、研修医や若手医師のお給料はとても低く夜間・休日にアルバイトをしないと生活をしていくのは困難なのです。また報酬目当てだけでなく、自身の診療技術を磨く為に数多くの症例を扱う必要もあるので医師アルバイトには一挙両得の良さもあります。

近年、医学部卒業生が臨床現場として選ぶ数が極端に減ったのが産婦人科医です。その為全国各地で診療科も閉鎖される事態に陥っています。医師バイトの求人でも産婦人科医を求む声が多く、アルバイトとして選ぶには競争倍率が一番低いです。

さらに他の専門医ならばアルバイトの定義である時給制になっているのに、産科医師なら日当1万5千円、プラス診察をした患者数に応じた歩合制を取り入れている病院が多く待遇面もとても良いのが特徴です。本来なら夜間・休日の救急外来だけにバイト医師を求めている所が多いですが、産科に限っては平日診療時間の非常勤として勤めてくれる医師を求めています。スキルアップを目指している方や臨時収入を求める医師にとっては倍率も低くすぐに働けるいい条件です。

非常勤医師アルバイトなどの医師求人

医師求人を見ていく中で、重視したい点は人によって異なってくることと思います。

最近ではさまざまな医療機関が医師求人を行う様になり、医師のニーズは高まっている傾向にあります。医師の求人にはさまざまな形があり、常勤での募集やスポットでの非常勤医師アルバイト募集などがあります。

医師非常勤のアルバイトは、夜勤が中心となりますが、最低でも5万円の日給をもらえますので、収入が低い研修医などは、非常勤医師アルバイトで生計を立てる傾向にあります。インターネットなどでこの様な、医師の募集を見つけることができますので、しっかりと見極めることが大切です。

医師求人・募集・非常勤に関する記事

サイト集一覧

リンク集一覧