キャリアアップのための医師転職をはじめよう

リンク集一覧6

医師アルバイトの中の非常勤として働く仕事や単発の仕事

もっとフレキシブルに仕事がしたい、そんな人はいませんか。もしも、あなたもその様に思っているのであれば、ぜひ医師アルバイトをして非常勤の仕事を選んだり、単発の仕事を選んだりする事で、働き方を自由にアレンジする事ができるでしょう。

会社の融通に合わせて働く事ができればいいのですが、それが事情によりどうしても難しいというのであればぜひ、この様な働き方を選ぶといいでしょう。

一方で医師アルバイトであっても非常勤として働く仕事や単発の仕事の他にもしっかりと働きたい人のために、常勤医師とさほど変わりない様なスケジュールで仕事をしている人もたくさんいます。

まずは自分のニーズを明確にしたいですね。

医師アルバイトをしながら医師転職

研修医としてデビューして間もない頃であれば、常勤の仕事が見つかるまでの間は医師アルバイトをするというのもいいかもしれません。

できれば、医師として常勤で働ける様に、働きながら転職を目指せるよう就職活動をしてみてはいかがでしょうか。もし、別の職場に移りたいのであれば、なるべくブランクがない様に医師アルバイトを続けながら就職活動をするなどというのもいい方法かもしれません。

また、医師転職をする時にも、上手くいかない場合もあるかもしれません。将来の事を考えると安定性、キャリアアップなども重視し転職したい所です。

医師アルバイトは普通のアルバイトより給料がいい!

医師アルバイトは求められる仕事の資質が高いので、一般的なアルバイトに比べてかなり給料が高いことでも知られています。普通のアルバイトは高くても1000円以上がざらですが、医師アルバイトは時給あたり5000円もらえると言われています。

さらに担当する科によっては時給が10000円を超えることもあります。普通にアルバイトをこなすよりももっと大きな収入を見込むことが出来るので、免許証をお持ちの方はぜひとも検討してみてはいかがでしょうか。正規職員ではないため、自身の都合にもかなり融通がきくことがメリットとして挙げられます。

泌尿器科の医師バイトの倍率について

病院の科目分けの中でも、どちらかというと専門的な分野に属するのが泌尿器科です。主に尿に関連する臓器である腎臓や膀胱の病気や男性の生殖器関係の疾患を扱いますが、副腎の疾患も診療範囲に含まれます。どちらかというと男性の患者が多いですが女性の罹患者もいますし、デリケートな部分の病気なので、診察する医師にはきめ細やかな対応や気遣いも求められる特殊な科目ということができます。

求人医師の倍率についていうと、病気の種類や細分化が多くなっていますし、年齢層の高い患者も増えていることから全体の医師の必要数は足りていない状況です。よって倍率も1.11〜1.14倍前後と、低めの数値で前後しています。同様の状況は泌尿器科でも見られますので、医師アルバイトの雇用を行う医療機関も増えています。

医師の側からしても、自分の経験やスキルを広げたい場合に、本業以外に医師バイトを活用することができます。アルバイトといっても、診察などの業務内容は常勤医師とさほど違いはありませんので、給与の条件や働きやすい環境をきちんとチェックして決まる必要があります。医師の就職を専門的にサポートする就職エージェントでは、アルバイト情報も扱っているので活用することができます。

産婦人科における非常勤医師アルバイトの医師求人とは

医師不足は特に産婦人科も問題になっています。地方では比較的大きな病院でさえ、産婦人科そのもがなくなってしまうケースがあります。そのため出産難民という言葉さえ出てくるほどです。

出産に立ち会わなければいけないため、24時間労働をせざるおえない状況や、過労死まで起こっている状況で、その原因としてあげられているのが、医師臨床研修制度の改正で産婦人科が必修科目から除外されたことから、若手の医師が離れたことです。また医療事故による訴訟問題など抱えるケースも多いことから、敬遠されがちな科目になっています。

現在、医師不足を補うため、勤務状況を酷使しない、非常勤医師アルバイトで医師求人を行っているケースがあります。

医師求人・募集・非常勤に関する記事

サイト集一覧

リンク集一覧